読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いち東大生の書評ブログ

最近やっと熱心に本を読むようになった、とある文系東大生による気楽な書評ブログです。

科学的思考を味わう―『ゾウの時間 ネズミの時間: サイズの生物学』

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

今回紹介するのは、本川達雄ゾウの時間 ネズミの時間: サイズの生物学』中公新書(1992年)です。
____________________________________________

「時間は誰にも平等に与えられている」とはよく言いますが、本当にそうなのでしょうか。動物を見てみると、そのサイズによって時間の流れる速さが違っているようです。この新鮮にも疑わしくも感じる理論を、様々なデータをもとに実証していく一冊。
____________________________________________

「体の小さい人の動作はきびきびと機敏で、見ていて気持ちがいい。大きな人の動作は、ゆったりと悠揚迫らぬものがある。動物の動きにしてもそうで、ネズミはちょこまかしているし、ゾウはゆっくりと足を運んでいく。」

この何気ない人や動物の様子から、動物のサイズと時間の関係の話は始まります。何でも、いろいろ調べた結果、時間の流れは哺乳類の体重の4分の1乗に比例していて、つまり体重が大きいほど時間の流れはゆったりしているということだそう。

ここで言う「時間」とは、寿命を始めとして、大人に成長するまでの時間、息の間隔、心臓が打つ間隔、血が体内を一巡する時間など、動物が生きることに関わる時間のこと。そして筆者は、動物の寿命を鼓動の間隔で割った数値から「一生の心拍数は全ての動物で同じである」というにわかには信じがたい理論を提示するのです。

「時間とは、もっとも基本的な概念である。自分の時計は何にでもあてはまると、なにげなく信じ込んで暮らしてきた。そういう常識をくつがえしてくれるのが、サイズの生物学である。(中略)サイズという視点を通して、生物を、そして人間を理解しようというのが、本書のねらいである。」
____________________________________________

以上が第一章に示されている本書の概略です。これ以降、様々な実験データをもとに、サイズの生物学の話が展開して行きます。

動物のサイズとエネルギー消費量についての話を例に挙げましょう。様々な哺乳類の体重と標準代謝量(絶食させて、暑くもない寒くもない状態で安静にしているときのエネルギー消費量)の2つの数値を取ってグラフにしてみると、「標準代謝量は体重の4分の3乗に比例する」ことが分かります。

これを単に「体重が増えれば標準代謝量も増える」と理解すれば「ネズミよりもゾウの方が代謝が大きい」というごく当然な論理に思われます。

しかし、「代謝量が体重に4分の3乗に比例する」とは、「体重が2倍になってもエネルギー消費は1.68倍にしかならない」ことと同義です。つまり、エネルギー消費は体重の増加ほどには増えていかないのです。

ここから、ゾウとネズミを体重を単位に考えたとき、ネズミの方がずっとエネルギー消費が大きいことが分かるのです。逆に言えば、大きい動物ほど体重の割にエネルギーを使わないということ。これはもちろんゾウとネズミの寿命や心臓の鼓動の間隔に関係しており、、ゾウの時間とネズミの「時間」が違うということの一つの根拠になっています。
____________________________________________

実験データをもとにした議論が展開されるので、数が苦手だという方は読むのに苦労するかもしれません。だからこそ、じっくり読んで内容を理解し、「なるほど、そういうことか」と納得することの楽しさを味わって頂きたい一冊です。